ハッピーを見つけよう


by yosshii0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:釧路湿原( 6 )

何年かぶりに不通だった展望台への道が開通し

やっと先日行ってきました。

夢ヶ丘展望台。

素敵な名前の展望台。

どんな景色が眼下に広がって見えるのか楽しみ。

達古武キャンプ場の遊歩道の入り口に着いたのが

12時ちょうど。

木々に囲まれた遊歩道は少し薄暗かったけれど

ハシドイの木のクリーム色の花の甘くさわやかな

香りが風に乗って心地よく歩けました。

1キロほど平坦な道を歩くと以前は行き止まりだった

東屋に着きました。




f0181995_22135436.jpg


さあ、ここからが未知の道・・・

すぐに上り坂になり、おもしろいコースにワクワク感が

増していきました。

途中、急な階段もあり起伏にとんだ道です。

あと少しというところでかなりの長さの階段に息も

たえだえ。運動不足を実感しました。

登りきり展望台かと思いきや、まだ先のよう。

少し進むと展望台が見えてきました。




f0181995_22124292.jpg


夢ヶ丘展望台。

ここから望む釧路湿原は、歩いて登った達成感で、

一味違う感動がありました。

時間があったらぜひおすすめしたいスポットです。

真向かいには細岡展望台が位置していますが、肉眼ではかくにんできませんでした。
[PR]
by yosshii0905 | 2013-07-26 22:22 | 釧路湿原

釧路湿原にはいつ・・・

武佐の森のミニ湿原でミズバショウを見たりやち坊主の赤ちゃんを

見てワクワクした今年の春でしたが、雄大な釧路湿原には

まだ行けていません。

今年はいつもより開花が遅くなっていましたが、この陽気で

いっせいにいろんな花が時期を同じに咲いたのでは・・・

そうであれば、今年の湿原の春は花盛りでいっぺんにいろんな

花が見られるのでは!?

大好きなミツガシワやヒメカイウもう咲いてしまったかしら・・・
[PR]
by yosshii0905 | 2013-06-13 23:34 | 釧路湿原

太古の浪漫  北斗遺跡

2年前の秋、友人と湿原巡りをしながら、

夕方の帰りがけ、湿原展望台の下にある

北斗遺跡展示館に立ち寄りました。

f0181995_21104247.jpg


もう、閉館時間が迫っている時間でした。

展示館から、20分ほどのところに復元住居が

あると聞き、来年は是非来ようねって約束

しました。

ところが、去年は、お互い都合が合わず

約束は叶いませんでした。


先日やっと、行くことができました。

f0181995_21304211.jpg


展示館の裏にある木道を登っていきます。

なんだか、わくわくしてきました。

起伏のある木道を15分ほど行くと

真新しい木造りの展望台に着きました。

そこからの眺めです。



f0181995_2134171.jpg


ありました!

展望台を降りて、遺跡に向いました。

f0181995_2140917.jpg


見えてきました!

f0181995_214207.jpg

入り口をのぞいてみました。

「こんにちは、ごめんください。」

あれ、なんだかけむたい。

よく見ると、薪が燃えています。
f0181995_2146118.jpg

だれもいないのに本当に燃やしているんです。

一軒、一軒、のぞいてみました。

「なんていう、名前だったんだろうね。

冬は冬眠したんだろうか?

この、家は大きいね。長老の家かしら?」

想像はふくらんでいきます。
f0181995_21534694.jpg

「ここ楽しいね。湿原もすごくよく見えるし、絶対、いいね!」

二人、すっかりここが気に入ってしまいました。

f0181995_2156425.jpg


このあと、木陰でお昼です。

セーコーマートの新商品のおにぎりバーグの

”豚たまご”、ぴり辛肉みそと卵が絶妙で

お気に入りの一品になり、大満足のお昼でした。


大自然のなかの贅沢なひとときでした。

このあと、湿原展望台まで歩いて、また、戻るという

4時間にも及ぶ北斗遺跡と湿原木道歩きは、

晴天のなか、とても有意義な一日でした。


北斗遺跡、おすすめです!
[PR]
by yosshii0905 | 2009-09-20 22:07 | 釧路湿原

湿原の花

f0181995_20232190.jpg

コツマトリソウ   温根内   2009.6.8
f0181995_20234881.jpg

ツマトリとは、妻取りではなくて、端(つま)どりの意味、

花びらの端が赤く色づいているものがあるため。

コツマトリは湿地に咲く。ツマトリソウは林の中。
[PR]
by yosshii0905 | 2009-09-15 20:35 | 釧路湿原
先日の甥っ子とお嫁さんの湿原ガイドの続きです。

温根内の木道、散策後、湿原展望台に向かいました。

展望台の手前の北斗展望台に立ち寄って

パチリ。

それから湿原展望台に入館し、緑に輝く湿原を見渡しました。

おなかもそろそろ、空いてきて、展望台のレストランで

お食事タイム。


食後はやっぱり、これです。

f0181995_2215964.jpg


幸せの丹頂ソフト。

ソフトの味が前よりも濃厚になった気がしました。

おいしかった~

と、ここで、時間が気になり、予定していた鶴公園を

断念。というのも、2時52分のノロッコ号の時間に

あと、1時間しかなくなっていたのです。

お墓参りに、湿原散策、お食事、ノロッコ、スケジュールに無理がありました。

お嫁さんに鶴を見せてあげられないのがとっても

残念でした。

それでも、少し時間がありそうだったので、展望台から

釧路駅の途中にある、野生生物保護センターに立ち寄りました。

ここは、けがをした野鳥などが保護されていて、センター内から

金網越しに保護された、オオワシやオジロワシなどが、

観察できます。

センターの前庭で
f0181995_22424911.jpg


ネジ花を見つけました。

発車まで、45分になり、あせりながらの運転ですが、

余裕を装うyosshiiです。


10分前に無事、駅の駐車場に到着。ふ~



ノロッコ号は今年で、もう20年にもなるんですね~

f0181995_22512442.jpg


終点の遠矢駅にて
f0181995_22541810.jpg


湿原の中をの~んびり走る列車の旅。みなさんもいかがですか?
[PR]
by yosshii0905 | 2009-08-17 22:56 | 釧路湿原
今日の釧路地方は、肌寒い日でしたが、

釧路湿原に宝石を探しに行ってきました!


去年も同じ時期に行ったので、咲いている

はずです!



温根内についたのは、正午でした。




木道に入って、まず出迎えてくれたのは、

この花です。



f0181995_20364128.jpg



ヒメカイウ、この花もとってもきれいですが、


私が宝石と思う花では、ありません。



少し歩くと咲いていました!



これです!



f0181995_20444380.jpg



白い星型の花が、キラキラ輝いて見えませんか?




f0181995_20491331.jpg



f0181995_20494892.jpg



f0181995_20334594.jpg



この花は、日本の湿原で、見られる花なので、


見たことあるかも知れませんね。


名前はミツガシワと言います。


氷河期のこの花の化石が見つかったと言うから、


氷河期の湿原の忘れ形見なんて、呼ぶ人も


います。


湿原の宝石は、やはり、太古の昔からロマンを

運んでくれています。


f0181995_217921.jpg






珍しい、薄ピンクの花もありました。

f0181995_2142358.jpg

[PR]
by yosshii0905 | 2009-06-08 20:44 | 釧路湿原