花ガイドの会 アパッポ

花ガイドの会 アパッポとは、今年立ち上げられたばかりの野の花、大好き集団です。

始まりは、2007年の夏に始まった、花ガイド講習会に集まった仲間で

2008年の、ガーデンアイランド北海道2008で、ガイドとして

活動するという夢に向って学んだんです。

ところが、ツアーを企画するということが、以外に難しく、

なかなか、形にならないところに、釧路市の

観光ガイドサービスに参加するという、話が舞い込みました。

力試しということで、昨年のラムサール観光ガイドサービスに

花ガイドの会として春採公園の散策を担当しました。

私も、帯広からの観光客のご夫婦を案内することが

できました。

そして、今年は、新たに会の名前を決めようということになり

アイヌ語で、花を意味する アパッポとしました。

北海道には、アイヌ語の地名が多く残されています。

北海道の観光を案内する際にアイヌ語の話を抜きにすることは

できません。春採 ハルトリという地名もアイヌ語でハルウトゥルから

ついたといいます。ハルとは、食べ物 ウトゥルとは、豊富なところ

アイヌの人たちが生活していた頃から山の幸がいっぱい

だったのでしょう。地名の由来については、諸説ありますが。

7月は、毎週、火曜と日曜日にガイドサービスがありますので

お申し込みお待ちしています。

f0181995_20493850.jpg


f0181995_20534570.jpg

[PR]
by yosshii0905 | 2009-06-28 19:42 | 春採公園