太古の浪漫  北斗遺跡

2年前の秋、友人と湿原巡りをしながら、

夕方の帰りがけ、湿原展望台の下にある

北斗遺跡展示館に立ち寄りました。

f0181995_21104247.jpg


もう、閉館時間が迫っている時間でした。

展示館から、20分ほどのところに復元住居が

あると聞き、来年は是非来ようねって約束

しました。

ところが、去年は、お互い都合が合わず

約束は叶いませんでした。


先日やっと、行くことができました。

f0181995_21304211.jpg


展示館の裏にある木道を登っていきます。

なんだか、わくわくしてきました。

起伏のある木道を15分ほど行くと

真新しい木造りの展望台に着きました。

そこからの眺めです。



f0181995_2134171.jpg


ありました!

展望台を降りて、遺跡に向いました。

f0181995_2140917.jpg


見えてきました!

f0181995_214207.jpg

入り口をのぞいてみました。

「こんにちは、ごめんください。」

あれ、なんだかけむたい。

よく見ると、薪が燃えています。
f0181995_2146118.jpg

だれもいないのに本当に燃やしているんです。

一軒、一軒、のぞいてみました。

「なんていう、名前だったんだろうね。

冬は冬眠したんだろうか?

この、家は大きいね。長老の家かしら?」

想像はふくらんでいきます。
f0181995_21534694.jpg

「ここ楽しいね。湿原もすごくよく見えるし、絶対、いいね!」

二人、すっかりここが気に入ってしまいました。

f0181995_2156425.jpg


このあと、木陰でお昼です。

セーコーマートの新商品のおにぎりバーグの

”豚たまご”、ぴり辛肉みそと卵が絶妙で

お気に入りの一品になり、大満足のお昼でした。


大自然のなかの贅沢なひとときでした。

このあと、湿原展望台まで歩いて、また、戻るという

4時間にも及ぶ北斗遺跡と湿原木道歩きは、

晴天のなか、とても有意義な一日でした。


北斗遺跡、おすすめです!
[PR]
by yosshii0905 | 2009-09-20 22:07 | 釧路湿原