たんちょうヅル  スポット巡り 1日コース

11月11日(火) 快晴 朝の気温ー3度 日中10度
8:30  幣舞橋
8:40  鶴見橋通過 ( 鶴のモチーフが、素晴らしい)        
9:00  湿原展望台着
         ゲストさんのご希望で、入場することに、
         初め、予定になかった55パスを購入、この方が
         3施設になるので、お得。
f0181995_737378.jpg

9:45  温根内木道で、湿原を感じる 
f0181995_748018.jpg
 
       ビジターセンターは、火曜日だったので、休館で、
       トイレが使えません。ご注意ください。
       木道は、いつでも、歩けます。
f0181995_7513356.jpg

       木道に、腰掛け、目を閉じて、湿原を五感で感じます。
       無風の状態でしたが、鳥のさえずりが聞こえ、少ししてヨシが、さわさわと
       音を立てたかと思うと、心地よい風が、頬をなぜました。
       目を閉じて感じる世界があります。
       ゲストさんは、こうしていると、ストレスもとんでしまいますね。と
       言っていただけました。  
11:00  鶴見台

f0181995_843284.jpg















  
   いました。いました。
   30羽ほどのタンチョウが、くつろいでいました。
f0181995_8251681.jpg

      ときおり、数羽の鶴が、飛来してきます。
      すると、鶴たちに、動きがあります。鳴き合いをしたり、
      羽を広げたりと、

      しばらくして、ツアーのバスが来ると、鶴たちに餌をやっている
      渡部トメさんが、近くの自販機で、飲料を買うようにすすめていました。
      ジュースの売り上げが、餌代になっているそうです。
      入場料をとらないで、ツルが見れる場所なので、
      飲料で、協力いたしましょう。

11:30  伊藤サンクチュアリー
f0181995_8383530.jpg

       ここは、鶴の集まるばしょと聞いていましたが、
       初め、つがいと幼鳥の3わしかいなくて、
       すぐに、その3わも草影に消えてしまいがっかりしていると、
f0181995_8472385.jpg

       札幌と東京から、鶴の写真を撮りに来ている方とお話しが
       できました。すばらしい望遠レンズに思わずパチリ。
       さきほどの3わは、とても、強い家族で、他の鶴がくると
       みんな追い出してしまうんだそうです。
       
       あっ、2わのつがいが飛んできました。
       すると、草陰から、1わのツルが飛び出してきて、
       威嚇しました。すぐに、逃げ出すつがいをさらに、
       飛んで、追いかけていきました。
       しばらくして、戻ってきましたが、どこまで、追いかけて
       いったんでしょう。
       ほんとうに、強いなわばり意識を目の当たりにした
       瞬間でした。

       もうひとつ、この方たちからいい情報がいただけました。
       ゲストの方がもっている鶴の写真集の作者が、すぐそばの
       ホテルTAITOのオーナーの和田さんだと言うのです。
       
       そろそろ、お腹もすいてきたので、ランチは、ホテルTAITOに
       きまりました。
12:20   ホテルTAITO    
       
f0181995_94045.jpg

f0181995_942867.jpg

      今日のおすすめメニュー
f0181995_97510.jpg

      スープカレー
f0181995_973153.jpg

      野菜がごろごろと、いろどりもきれいです。

13:20  お腹も満足したので、そろそろ、鶴居村から、移動しましょうか。
      次は、釧路市阿寒のたんちょうスポットへ、

14:00  阿寒国際ツルセンター 
f0181995_9133353.jpg

       ツル以外の鳥も紹介しましょう。オオワシの剥製です。
       ツルの生態など、いろいろ体感できる、施設ですが、
       時間が気になりだし、充分に見ないで、出ました。
15:00  鶴公園
       
f0181995_9202863.jpg

       もうだいぶ、陽がかげってきました。
f0181995_9263575.jpg

f0181995_92879.jpg

       やっぱり、1番近くで、ツルを見られるのは、ここですね。

       暗くなってきて、この日のタンチョウ観光も、終わりに近づいてきました。
       なんとか、予定をクリアして、ピンク色に染まる夕空を見ながら
       釧路に戻りました。
       
       ゲストさんは、最終の飛行機で羽田へと、飛び立ちました。
       湿原と丹頂鶴の水墨画、いったい
       どんな、作品が出来上がるかたのしみです。
       
       私もその作品の少しでも、お手伝いがしたいという思いが   
       伝わったのか、最高の観光日和になりました。

       
       今日の、ブログ、最後までお付き合い頂き誠に有難うございました。


       私も、ちょっと、つかれました~  ^^) 


              
[PR]
by yosshii0905 | 2008-11-13 09:49